>  > 同時に逝ってしまいました

同時に逝ってしまいました

深夜のホテルの一室です。しばらく頑張ってもらいましたが、ホテヘル嬢も疲れてしまったみたいなので攻守交代です。女の子の張りのあるムチムチボディを口と指先で攻め立てます。乳首もおまんこもとても敏感で、おまんこはすでにしっとりしており、腰を浮かしながら感じてくれます。女の子も気持ち良くなってくれたところでまたまた攻守交代です。今度は騎乗位スマタをお願いしました。ローションもいらないくらいにお互い濡れていましたので、簡単に私のちんぽを完全に女の子に委ねられます。女の子は自ら私のちんぽを擦り付けて、指でニギニギしてくれます。これがローション手コキなのですけど、ぬめりがとても気持ちがよくてあたかも実際に女の子のおまんこに挿入しているのではないかと錯覚するくらいの快感です。女の子も、私のちんぽの先っぽがクリトリスに当たっているので、ときおり意識が飛ぶくらいの快感が押し寄せているようです。二人とも性感が高まってきたところで、同時に果ててしまいました。女の子の場合はおまんこからねっとりとして淫汁が出るので逝ったということがわかるのです。

[ 2015-06-24 ]

カテゴリ: ホテヘル体験談